2011年8月7日日曜日

Chiangmai Thai Language Center

Chiangmai Thai Language Center

エリア:ワットパンタオ

カフェ、旅行会社、語学学校、総合施設。チェンマイ大学でのコースを終えた私は、そのままレベル2を受講しようと思っていたのに、人数が集まらず、コース開講が見送りになってしまった。そんな時にチェンマイ大学でレベル2を教える予定だったDtum先生こと、Sompop先生に出会った。先生は、ちょうどこのChiangmai Thai Language Centerでも教えていて、私達も立地上の便利だったので、こちらのプライベートレッスンお世話になることにした。私達は、会話だけでなく、読み書きも教えて欲しかったので、通常1日2時間、1時間を会話に、1時間を読み書きにあててもらって、教えてもらった。Dtum先生はエネルギッシュで笑い上戸、授業はいつも楽しかった。教材や宿題は、手描きの事もあり、いつも私達のために先生が作ってくれているのが分かった。
学校内でもとても人気のある先生に加え、チェンマイ大学でも契約があるので、時々は授業の時間を予約するのが難しかったが、先生も忙しい中、一生懸命私達の都合にあうように、やってくださった。私のタイ語は決して上手ではないが、たった3ヶ月の勉強で、ここまで話せるようになったのは、自分でも本当にびっくりするし、ひとえに、チェンマイ大学のAom先生、Dtum先生のおかげだと思います。Chiangmai Thai Language Centerではプライベートレッスンのみ開講で、1-2人だと1時間280B。人数が変われば、値段も変わります。

Shinchai Massage

Shinchai Massage

エリア:チャンプアックゲート

チェンマイを代表する偉大な先生の一人であるシンチャイ先生は、セラピーマッサージを専門とされていて、患者さんも他ではどうしようもないと先生を紹介されてこられる方も多いです。日曜以外の朝9時から夜9時まで。1時間200Bという信じられない低料金で、シンチャイ先生の治療を受けれます。先生の判断にもよりますが、2時間1セッションで施行されることが多いです。月曜日から金曜日の5時から7時までは講習もされていて、そちらも2時間で400B。特に教科書やコースのようなものはなく、習う項目も特に決まっているものはない。時に珍しい症状のお客さんがケーススタディのモデルとして登場してくれるところにも、シャンチャイ先生の人柄が伺える。勿論、特に問題がなくてもマッサージは受けれます!予約は事前に。突然walk inでマッサージを受けるのは結構難しいです。こんなに有名な先生なのに、こじんまりとしたお世辞にもキレイとは言えない教室とお店を構えていて、値段もかなり良心的。ただ先生の技術は、ジャップセンをベースに筋肉や骨、患部を直接触っていく、確かな知識をベースにしたもの。いわゆる流れで習う学校で習うマッサージとは違っている。先生の英語は流暢ではないが、筋肉組織や解剖学の知識がかなり豊富で、習う方も、筋肉、骨の名前位は英語でわかっている方がいいと思う。先生自身もかなり小柄なので、大柄な患者へのアプローチの仕方など、私の目線で考えて、色々教えてくれました。

SMH School of Massage for Health

SMH School of Massage for Health

エリア:ハーイェークサンティタム

何件がスクールの見学に行った中で、雰囲気がよさそうで入校したSMH。
何も知らずに門徒を叩いたが、後にSMHに入って本当によかったと思った。残念ながらチェンマイでも謳い文句だけの学校が多い中、SMHは本当にしっかり先生が生徒一人一人と向き合って教えてくれる。某学校のように、生徒と生徒が練習しあって終わり!なんてことは絶対にない。他校でなされているような教科書やデモストレーションだけの授業では本当のテクニックは絶対に身につかない。SMHでは指導中も先生が生徒に施行して感覚で覚えることもできるし、コースが終わってサティフィケートをもらうのが終わりじゃないっていうことを、しっかり考えてくれている学校。なんと卒業して何年たっても、いつでも戻ってきて復習できる。無料なのに、先生も卒業生の指導に快くあたってくれる。先生の語学力は限られてはいるが、英語、日本語、中国語、タイ語で授業を受けることができる。校長のピクニック先生は、セラピーコースしか指導はされないが、いつも元気で気さくに話しかけてくれる。校長先生の考えのせいか、他の学校で感じられる”商売っけ”がなくて、学習者にやさしい環境。ただ、その反面なかなか広告等にSMHが載っていることはなく、校舎もそんなにキレイではないし、政府認定校なのにすごくマイナーな学校として位置づけられる。それでも、ここでしっかり勉強できる場所と生徒想いの先生達に出会えてよかったし、SMHは、マッサージをしっかり勉強したい人に選んで欲しい学校だ。
尚、放課後4時から先生からマッサージを受けることができ、まさかの1時間150Bだ。
これは一般の方でも生徒でも受けることができる。個人的には150Bは安すぎると思うが、
この値段で受けれるどこと比べても間違いなくチェンマイ最高のマッサージだと思う。

2011年8月4日木曜日

パイまでのショートトリップ -Mini bus to Pai-

チェンマイからパイへの行き方は、2つ。
1.アーケードから出るローカルバスで4時間半
2.aYa serviceミニバン

アーケードから出るローカルバスはエアコン付きのミニバンタイプとエアコンなしの一般バスがある。エアコンなしは74Bとお値段も親切。エアコン付きは150B。
出発の時間によって、使われる車タイプが違うため、時間に余裕のある方は節約のため、エアコン無しでもいいかもしれない。
でも、もしエアコン付きのミニバンタイプで行くなら、aYa serviceのミニバンの方がおすすめです。理由は、値段が同じなのに、aYa serviceのほうは、お泊り先までの往復送迎付き!
だいたいチェンマイの旧市街地からアーケードまで片道30B位はかかるので、結果的に早いし、安いし、迎えに来てくれるし、aYa serviceバンザイということになる。

パイまでミニバンをチェンマイのどこの旅行会社でもだいたい取り扱いをしているが、パイまでのミニバンの運行はaYa serviceのみ。つまりどこの旅行会社でいくらで買っても、乗り着く先は一緒ということ。aYa serviceのオフィスは、チェンマイは鉄道駅目の前にある。宿泊先までは、ソンテウが迎えに来てくれて、駅前のオフィスまで連れていってくれる。そこから、エアコン付きのミニバンだ。もちろん、aYa serviceから直接チケットを買うことも可能。

車酔いする人が多いというパイまでの山越えだが、確かにカーブが多い。車が来たら早めに乗り込みいい席をゲットしよう。
到着地点はパイの中心地にあるaYa serviceのオフィス。レンタルバイクの貸出などもあり、便利だ。

 
 

バーンセラドン -BAAN CELADON-

BAAN CELADON

行き方:レンタカーやモーターサイで行けるが、もしなければ、ワロロット発のボーサーン行きのソンテウで行ける。お店は、ソンテウルートである国道1006沿いにあるので、場所がわかれば、ソンテウを停めればOK。場所がわからなければ、ドライバーに止めてくれるように言っておけばいいかと思う。職人さんの手描きの器が他の窯元と違って、いいところだが、しかし、高い。。B級品でも高かった。。

House of Thai Thai Coffee

House of Thai Thai Coffee

エリア:ワットパンタオ(サンデーマーケットストリート沿い)
値段:安い(40B-)

私達が通うタイ語学校併設のコーヒーハウス。残念ながら今回は自慢のコーヒーは飲まず、食事のみ。
ガパオガイ 40B
グリーンカレー 55B
このガジェットでエラーが発生しました