2011年5月29日日曜日

脱・プーケット -Escape from Phuket-

私とMorganの朝は早く5:00位に起きた。というか叩き起こされた。部屋の電話がなり、部屋のドアがノックされた。聞けば、弟くんがトラブっているらしい。とにかく寝起きで訳が分からないまま、ベットから飛び起きた。カタコト英語で「he lost everything」と説明され、は???だって、弟は一緒に帰ってきて寝ているはず。大分こんがらがったが、どうも部屋を抜け出して、またお出かけしたらしく、お出かけ先で財布を無くしたらしい。弟に事情を聞こうにも酔っぱらっていて話が出来ない。とりあえず朝まで待って、事情を聞くと、無くしたのは財布だけで、他の物は無事らしい。よかったとは言えないが、大金ではないし、パスポートなんかは無事なので、よしとして、午前中のボートでピピ島を目指す事にした。とにかく寝てなかったので、ボートは爆睡。皆に絶対吐くよと脅されたボートも夢心地で気が付けばピピ島に着いていた。プーケットとは明らかに違う海の色に感動!!船中で全く外を見なかったので、ボートから降りると思わず歓声を上げてしまった。チェックインすると早速歩いて街を散策。ホテルからすぐの旅行会社で2時発のアイランドホッピングのツアーを見つけた。後15分!天気も良さそうだしとりあえず急いで支度をして出掛けた。モンキーアイランドで猿をみて、スノーケリング、マヤベイにも行った。
 




何がすごいかって、上陸が大変だった。遠くにロープが見える。ボートが止まったのは軽く100m位離れた場所。まさかの遠泳。しかも高波。死ぬかと思った。波に流されていると、おじさんが私のライフジャケットを鷲掴みにロープまで引っ張ってくれた。ありがとう、おじさん。一生忘れない。瀕死で渡った海の先にあるのが、the beach、マヤベイですがなー!キレイなビーチ。ディカプリオは絶対、あんなロープで上陸していないのは確かだ。でもめっちゃキレイ。しばらくビーチで遊ぶ。島にはキャンプサイトがあり、今はマヤベイでキャンプもできるようになっているらしい。無人島と言いつつも、どんどん開発されるんだろうなぁと思うと、ちょっと淋しい気もするが、キレイだった。ボートまで戻るのもまた至難の技で、高波にさらわれると、体を岩で強打する恐怖と戦いながら、なんとかロープにしがみつく。相当波が高く、ライフジャケットを着ているにも関わらず、顔を上げるのが精一杯。あっぷあっぷしていると、レスキューのカヤックが私をみつけ、私より痩せたお兄さんがカヤックに引き上げてくれた。ありがとう、お兄さん、一生忘れない。カヤックに打ち上げられたトド状態でボートまで送ってもらいなんとか生還。これ、子供とかお年寄りとか確実に死ぬ。ピピ島に戻って美味しいピザをいただき、島を散策。ビーチサイドには火は焚かれ、若干うるさすぎるバーもあったけど、今日は静かに休む事にした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました