2011年7月2日土曜日

メーサイからチェンセーンへ

次なるデスティネーションはゴールデントライアングルの街、チェンセーン。
歩き方によると、メーサイからチェンセーンからは青のソンテウで、1時間の直行がある。メーサイのセブンイレブンの目の前が停留所だ。必死のタイ語で、次は何時にくるのか尋ねる。しかし、もう今日はない。とのこと。まだ昼過ぎなのに?自分のタイ語に自信がないので、もう一人尋ねる。もう最終は行ってしまったよ。と言われる。本当?
聞けば、この青ソンテウは、チェンセーン→ゴールデントライアングル→メーサイのピストン運行で、運行時間はメーサイを出る最終は14:30と早い。チェンセーン発は8:00から13:30までの折り返し運行だそうだ。
乗りたかった青ソンテウ停留所
メーチャンのバス停

あらら…この直行ソンテウに乗りそこねた私達は、タイ人に教えられた別ルートでチェンセーンに向かうハメになった。メーサイからメーチャン、そこで乗り換えてチェンセーンに入るということだ。地図で見てみるもメーチャンが地図になく、メーチャンがどこなのか不明なまま、メーサイのしょぼいバスターミナルに戻る。そこで、チェンライ行きのバスに乗る。どうやら、チェンライへ向かう途中にメーチャンはあるらしい。メーサイから少し行ったところで、バスが停まり警察が乗ってきた。IDのチェックをしている。私達外国人にはあまり関心がないらしく、ちら見で終わった。関心はもっとミャンマー人にあるようだった。またバスが走り始め、なんの変哲もない所で、ココだよ!と降ろされる。料金回収係のお兄さんは、反対側のバス停を指差し、そこで待ってな!と言った。暫く待つと"チェンセーン"と車体に書いてあるバスが到着。乗り込む。1時間位、田園風景を眺めていると、チェンセーンに到着。なんともこじんまりした街だ。結局2時間弱と直行よりも時間はかかるが、気持ち安いバス代でチェンセーンにたどり着いた。


そこでモーターバイクを借りるにもレンタルバイク屋は街にたった1件らしい。言い値は250B。チェンマイよりも高い。早めに返すという理由で200Bに下げてもらったが、そんなに取るの?という感じ。これが独占販売の骨頂だと思いながら、モーターバイクにまたがり今日のホテルへ向かう。メコン川沿いをバイクで走り抜ける。チェンマイとはまた違う緑の匂いが気持ちいい!ど田舎を走っていると、なんだかトラベラーな気分になってくる。メコン川沿いは蚊が多いかな?リバーサイドのリバービュー、プチ贅沢なホテルに着いた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました