2011年6月22日水曜日

タイ ビザの申請 -Obtain your tourist visa-

タイ王国ビザ申請について
ビザに関しての情報は変わりやすいので、必ず大使館ウェブサイトで最新情報を確認して下さい。

1.ビザ無し入国(何も用意要りません)
  • 日本人なら30日以内の滞在が可能
  • 国内での延長は最長7日、延長申請料もマルチプル査証と同額
2.シングルビザ(1回使いきりの査証)
  • 30日以上継続してタイに滞在したい場合必要
  • 入国時60日、イミグレーションで更に30日延長可能
  • 事前に日本で取得、または、諸国のタイ大使館にて申請可能
  • 申請後、3ヶ月以内の入国が必要
3.ダブルビザ(2回の入国が許される)
  • 単純に言うとシングルビザの2回分
  • 最初の入国で60日の滞在が許可され、それを30日延長可能
  • 2度目の入国も同じように30日延長可能
  • 申請後、6ヶ月以内の入国が必要

元トラベルコンサルタントもちょっと悩んだ事項。参考にしてください。

★ビザは前もって取っておいたほうがいいか?
→申請日からシングルなら3ヶ月以内、ダブル以上なら6ヶ月以内の有効期限が決まっているので、有効期限内に入国しなければいけません。入国日を見越して申請すること。

★ビザを持っているにも関わらず、最初の30日をノービザ扱いで入国できるか?
→できる。もちろん30日後に出国する必要があるが、入国時に、ビザを使用したいかどうか伝えてください。

★片道切符で入国したいが、ビザは取りたくない、入国可能か?
→なんとも言えない。入国条件にはノービザでの入国には往復切符が必要と定めれている。でも、入国の際に良し悪しを決めるのは、入国審査官。人によっては適当で、チェックしないし、人によってはチェックする。どうしても往復切符が準備が出来ない人は、航空会社等のオンラインブッキングで、支払い前の画面の旅程を印刷して準備しておくと安心。

★残高証明書を取るのに、銀行にいく時間がない
→これは、オンラインバンキングの残高頁のコピーでOK。私は日本語で、しかも預金が70万弱しか入ってなくても大丈夫でした。

★英文で旅行日程表、旅行の理由書、おおまかな旅程どう書く?
こちらの例文が参考になれば幸いです。

★無職、もしくは退職予定なんですが?
→お仕事別に提出する書類は提出不要です。




0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました