2011年5月16日月曜日

Wat Chiang Man

Wat Chiang Man

ワット・チェンマンはチェンマイで最も歴史のある寺で、1296年の建立。ランナー王国建国の祖メーンライ王がチェンマイを建設する間、王宮として使っていた建物でもある。普段はみれないが、大理石の仏像のプラスィラーカオと水晶の像のプラセータンカマニィーという珍しい仏像が納められていることでも知られている。


 


0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました