2011年5月17日火曜日

仏誕節 -Visakha Bucha Day-

今日は仏誕節。仏教徒にとって最も聖なる日らしい。お釈迦様の誕生日、悟りを開いた日、なくなった日、3つの奇跡が重なったとされる日だそうだ。
学校に行くと、先生めっちゃ眠そう。聞けば、昨日の夜本当に夜通しドイステープまで歩いたらしい。朝方相当な雨が降ってたのに。。先生は今日も夕方お寺にいって、説経を聞くんだと言っていた。本当にタイは敬虔な仏教徒が多い。夜には、ロウソクを灯して、本堂の周りを3周歩きながら心を静め、お祈りをするのだという。先生は、そのロウソクの灯に包まれたお寺は本当にキレイだから、今日の夜、行ってみてと勧めてくれた。どのお寺でもいいのかと聞くと、大きめのお寺には人が集まるから、大きめのお寺ならどこでもいいと思うと教えてくれた。学校が終わって、お寺に立ち寄った。
ワットプラシン。チェンマイで最も格式の高いお寺の一つ。いつもより屋台は多いし、人も多い。でも、そんなにお祭りめいた感じはしていない。うーんっ、早すぎたか?
一旦アパートへ帰り、屋台で買った焼き鳥をつまみにビールを飲み始めてしまった。。
敬虔な仏教徒の日に、こんな不謹慎な感じですみません。。
夜もふけた頃、再度お出かけした。道が渋滞している、さてはお寺渋滞か!!一度行ったことのある、ワットジェットリンに立ち寄って、チェンマイで一番好きなワットチェディルアンに行ってみた。お寺につくとかなり混んでいた。わー!キレイ。ローソクの灯とライトアップ、本当に幻想的。本堂を3周回るあいだは話してはいけないのか?皆手をあわせ、寡黙な歩みを進めている。タイ人のお祈り姿勢は日本とはまた違って、すごく深く頭を下げる。見ているこちらまで神聖な気持ちになる。恥ずかしながら先週まで仏誕節のこと、何も知らなかったけど、この日に、この場所に居れてよかったと思った。
夜のワットジェットリン
大混雑のチェディールアン


キャンドルで装飾されたお寺は格別♥


0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました