2011年7月7日木曜日

タイで映画 -Movie theater in Chiangmai-

今日は、学校が終わったら映画をみることにしていた。チェンマイの旧市街、近いところでは、おなじみのガードスアンゲーオかエアポートプラザしかない。今回は学校からもほど近いガードスアンゲーオでみることにした。
値段はたったの70B!安い。ほとんどすべての映画が日本より少し早い気がする。そして、本数は少ない気がする。作品数は全部で、4つ。なのに同じ映画がタイ語吹き替えとタイ字幕で30分おきにあるって。。どんだけアンバランス!
とりあえず映画館自体は普通で、日本と一緒です。
チケット買い、座席指定し、ポップコーン買い、会場に入る。指定席に座り、コマーシャルを見る。安いわりに、座席は日本よりフカフカだし、リクライニングとまでは言わないが、シートも少し倒れるし、思ったよりちゃんとしてる!座席に座って、お持込みのマンゴーを食べ始めた。

しかし、ここからがタイならではの場面。



噂には聞いていたけど、初めて見るとちょっとびっくりした。
国王様を称えるなんとも素敵な仕上がりのプロモーションビデオ?イメージビデオ?
皆一斉に起立し、スクリーンに映しだされる国王様を見つめている。私も食べかけのマンゴーをとりあえず、ほっぽって急いで起立した。これをやらないと不敬罪に問われるらしい。というか、会場の雰囲気からして、起立しないなんてありえない。
後は、普通。後は変わったことはとくになく、映画の本編が終わったら、即明かりがついて、余韻に浸るっていう感じではなかったのが、日本と違うところだろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました