2011年7月22日金曜日

チェンマイのお犬様事情 -Dogs in Chiangmai-

チェンマイに来て、好きになったものはたくさんある。サイグロ、ネーム、って食べ物ばっかりなんですけど。チェンマイに来て、嫌いになったもの、考えてみると多分これだけ。


犬。

チェンマイでも野良犬はかなり多く、怖いっと感じる事も多々あります。
私、犬を買っていた事もあるし、犬は好きです。でも、チェンマイでは、好きとか嫌いとかの前に、怖いです。仏教を重んじる優しい国民性のためか、野良犬はタイ人から施しをうけ、すくすくと育っています。また子供にあまーい国民性のためか、お犬様にも非常に甘く、吠えないように叱ったりとか、しつけ?そういった事も日本のようにやってないようにも感じます。飼い主が心優しいとそれが犬にも伝わるとか言っているタイ人のお友達もいましたので、お犬様も仏の心で育てているタイ人もいるのかもしれません。
とにかく、野良犬の数としては日本に比べてかなり多く、躾をされていないバカ犬達が、門の向こう側からギャンギャン吠えたくり、挙句の果てには、自転車や歩いている私に、吠えながら走って追いかけてくる。怖すぎます。日本で犬に吠えながら追いかけられるのは、昭和アニメだけですが、チェンマイではしょっちゅうです。チェンマイ歴7年のベテランの日本人の方が、先日噛まれました。友達の犬だったそうで、しっかりワクチンも打っていたお犬様だったそうですが、その方いわく、タイでは狂犬病予防のワクチン自体が偽物の場合もあるとのこと。飼い主さんが、うちの犬はワクチン打ってるので大丈夫!っと言われても大丈夫ではないっということ。もし、犬に噛まれたら、必ず病院で、ワクチンを打ってもらいましょう。期間をあけて何回か継続で打たなければならないので、めんどくさそうですが、命には変えられません。滞在中どうか噛まれませんように!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました