2011年6月12日日曜日

Wat Kumkam Teepram No1

Wat kumkam tee pram No1

ウィアンクムカーム遺跡群内。ウィアンクムカームはチェンマイ地域最初の都市で、11世紀から12世紀にハリプンチャイ王国の衛星都市としてモン族が設立したと言われている。18世紀初頭にピン川の洪水を一因に放棄された最古の都市。
この寺に関する記述が全く見つかっていないので、詳細は不明。この遺跡は地下1mに埋まっていた。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました