2011年5月21日土曜日

お寺にハマるの巻 -Wat freak-

チェンマイには本当にたくさんのお寺がある。正直キンピカのお寺に有難味を感じなくて、
金ピカのお寺はどれみても一緒だなーっと思っていた。チェンマイというお寺だらけの街にせっかく住んでるので、この機会に数多くのお寺に行ってみた。全部金ピカとしか思ってなかった仏像から少しずつ違う表情がみえてきた。この際ちょっとハマってみようかな?
今日のお目当てはワットジェットヨート国立博物館
ワットジェットヨートは7つの斜塔という意味があり、少し大きめのガイドブックにはお目見えするお寺だ。行ってみて、思っていたより規模の大きなお寺だった。チェディもきれいに残っているものから土台だけのものまで、6-7つあったと思う。
壁画もあって、システィーナ礼拝堂並にブッダの一生が描かれている。最近リノベーションされたものらしく、絵もまだペンキ塗りたてレベル。境内を歩いていると、小鳥を売りつけてくるおばさんに遭遇。えー、焼き鳥にするの?いやだー。と思ったら、カゴから離してやると、
幸運が訪れるという。だからこんなに、境内に鶏だらけなのか?多分関係ないかなぁー。
その後、国立博物館へ。今日閉館?と思うくらい人気がない。看板も中途半端で物足りない感じ。とりあえず私がみたかったのが、昔のワットヤーンクアンのご本尊。ミャンマーの影響を多く受けたそのお顔はチェンマイの他の仏像と違うらしい。。入り口を抜けると、でっかい
仏頭をみつけた。これだーっとすぐ分かった。入館30秒後にお目当ての展示物をみつけてしまったので、その後はちょっと...という感じだったが、それなりに楽しかった。ただ、ちょっと期待しすぎていたためか、ずいぶん貧弱なコレクションに思われたので、お勧め度は△

博物館入り口
博物館外観

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました